一伸建設 サイト管理者ブログ

写真好きなサイト管理人が不定期に、現場の写真や工事施工例、
また折々の御所市や葛城市の風景の写真などを載せています。

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Windows10での電子入札対応状況 | TOP | Windows10アップグレード後のハードディスク換装には注意?! >>

2016.06.08 Wednesday

Windows10で奈良県電子入札システムを動かしてみた!

0

    先日、当ブログに
    「Windows10で奈良県さんの電子入札システムを動かしてみた!」
    というブログを書いてみたい
    と書いてしまったので、
    さっそくですがやってみました(^^)






    まず、用意するものですが、、、

    20160608_145200.jpg
    各認証局さんで用意されている「Windows10版インストールマニュアル」。

    それと、すでにWindows10での電子入札を実施されている
    埼玉県さんのWindows10版電子入札設定マニュアルです(笑)。

    Windows10で電子入札システムを動かすために必要な条件は
    Windows10がインストールされていること。
    ICカードリーダーのドライバがWindows10用にアップデートされていること。
    Java8Update65以上がインストールされていること。
    ぅぅ鵐拭璽優奪肇┘スプローラー11を使うこと。


    基本的にはこの4つだけですので、
    あとは、上記ふたつのマニュアルを揃えて、
    下記手順でマニュアル通りに作業するだけでダイジョウブです!!



    ’Ь擽匹気鵑蛤覿霧さんからマニュアルをダウンロード。

    Windows10をインストール

    ICカードリーダーや認証局さんの定期更新プログラム等の
    もともとパソコンに入っているソフトやプログラムはそのまま
    Windows10に引き継がれますので。。。

    Windows10インストール後
    認証局さんの定期更新プログラムを起動して、
    プログラムやICカードリーダーのドライバを更新。
    そして、古いJavaのアンインストールとJava8Update65以上のインストール。
    (Javaのインストールも認証局さんのマニュアルに記載されています。)

    デЬ擽匹気鵑猟蟯更新プログラムの更新がすべて終わったら、
    認証局さんのサイトでカードリーダーの動作確認。


    20160608_133726.jpg
    アップデート状況。

    20160608_140837.jpg
    動作確認状況。

    Εードリーダーの動作確認が終わったら、
    埼玉県さんのマニュアルでインターネットエクスプローラーの設定確認。
    (一応マニュアル通り設定を見ていきましたが、設定変更点無し。
    自分が使用しているPCと埼玉県さんの設定が合致しているかどうか確認してみて下さい。)

    IMEpadの文字入力制限設定を変更する。

    (これをやり忘れると電子入札システムは作動しません。)

    20160608_145254.jpg 
    20160608_145315.jpg
    埼玉県さんのマニュアルより抜粋。

    電子入札システムを動かしてみる。


    以上です。

    Windows10での電子入札といっても
     基本的にはシステムはWindows8のものを引き継いでいるようなので
     Windows8での電子入札と何がかわるというわけではありません。
     ただ、Javaが8Update65以上に変わるのと、
     ICカードリーダーのドライバがWindows10用にアップデートされるだけです。
     極端な話、Windows8とインターネットエクスプローラー11で入札している場合、
     Windows10をインストールし、Java8Update65以上をインストールし、
     カードリーダーをアップデートさえすれば、細かい設定変更は無しで
     電子入札システムは稼働します。)


    ┐Javaの時計が表示されなかったりする場合は、たぶん、
    設定のどこかに不具合がありますのでもう一度マニュアル通りに
    検証してみてください。


    Windows10がWindows8の後継OSという事もあってか、
    Windows10で電子入札システムを動かすことは難しくありませんでした。

    基本的にWindows7(又は8)とインターネットエクスプローラー11で
    電子入札に参加している場合、インターネットエクスプローラーの設定を含め、
    細かい設定変更は一切なく電子入札システムは稼働します。
    また、Windows7(又は8)とインターネットエクスプローラー10で
    電子入札に参加している場合は、インターネットエクスプローラーの設定変更は無く
    「IMEパッドの文字入力制限の設定」のみの変更で電子入札システムは
    稼働するようです。


    20160608_141628.jpg
    ↓ ↓
    20160608_141642.jpg
    IMEパッドの詳細設定を
    「JIS X 0208で構成された文字のみ変換候補に表示する」に変更するだけでした。

    ということで、
    現状、Windows10でも奈良県電子入札システムは稼動します(^^)

    ただ、、、

    ※6月10日付で奈良県県土マネジメント部さんより
    「奈良県公共工事等電子入札システムはWindows10に対応しておりません」
    との公式発表が出ています。


    上記、奈良県さんのコメントもありますので、、、
    自分は奈良県電子入札システムのWindows10での稼働を検証しておりますが、
    これを試されるか、試されないかは、、、自己責任でお願い致します。


    電子入札コアシステムでWindows10での稼働検証が終わっており、
    各電子入札認証局さんでのWindows10での稼働検証も終了し、
    ICカードリーダー等のアップデートプログラムもすでに提供されており、
    理論上、Windows10で電子入札システムは稼働するはずですが、、、

    また、
    この設定で電子入札システムは稼働しますけれど、
    Windows10にアップグレードしたことで作動しなくなるソフトやプログラムも
    出てくる可能性があります(^^;

    当社では使用しているBepopプリンターが古すぎて
    Windows10対応ドライバーがメーカーさんから出されていなく(汗)
    看板用シールが作れなくなってしまいました(爆)。

    う〜ん。
    Bepopプリンターを新しいのに買い換えるのか、
    Windows10を一旦Windows7に戻すのか。。。。悩むところです(泣)。

    まぁ、BepopプリンターはWindows7の保守期限が来ると
    どのみち買い換えなくてはならなくなるので買い換えてもよいのですが。。。

    Bepop本体って高いんですよねぇ(泣笑)。

    けっきょく、、、
    Windows10にアップグレードするかどうかは、
    電子入札云々もありますが、
    今使っているソフトやプログラムが今すぐWindows10でも使えるのかどうか?
    というところで決めることになってしまいそうですね(^^;


    〜〜追記〜〜

    ちなみに!自分の使っている
    Windows8.1マシンとWindows7マシンから
    Windows10へのアップグレードでは今のところ
    システム上の不具合というのは発生していません。

    ドライバーが無くて使えなかったソフトも
    古過ぎたBepopプリンターだけです(^^;

    その他のソフトやプログラムは
    特に不具合無く使用できています。

    ちまたの噂では
    Windows10にするとDVDが見れなくなるという
    話が出ているそうですが(笑)。

    うちのPCには
    たまたま無料のパワーDVDが入っていたので大丈夫でした(笑)。

    仕事上、
    どうしても必要なソフトやプログラムが使えなくなってしまって困る。。。
    という特殊事情でも無い限りは、
    Windows10へのアップグレードは無償期間中に
    実施したほうが良いかと思われます(^^)


     

    15:27 | PC | - | - | - | - |

    ▲top