一伸建設 サイト管理者ブログ

写真好きなサイト管理人が不定期に、現場の写真や工事施工例、
また折々の御所市や葛城市の風景の写真などを載せています。

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 奈良県・奈良県建設業協会意見交換会について(再掲載) | TOP | 平成29年度「入札契約制度等」説明会が開催されます。 >>

2017.05.24 Wednesday

WBGT計を導入しました。

0

     

    「土木工事安全施工技術指針」が改訂され、

    第2章「安全措置一般」に熱中症対策として

    「高温多湿な作業環境下での必要な措置」という項目が新設されました。

     

    ・高温多湿な作業環境下での必要な措置
     (1) 作業場所に応じて,熱を遮ることのできる遮蔽物等,

       簡易な屋根等、適度な通風または冷房を行うための設備を設け,
       WBGT(暑さ指数)の低減に努めるとともに,

       作業場所には飲料水の備え付け等を行い,

       また近隣に冷房を備えた休憩場所または日陰等の涼しい休憩場所を設け、

       身体を適度に冷やすことのできる物品及び施設を設けること。
     

     (2) 作業の休止および休憩時間を確保し連続する作業時間を短縮するほか,

       計画的に熱への順化期間を設け,作業前後の水分,塩分の摂取及び透湿性や

       通気性の良い服装の着用等を指導し,

       それらの確認等を図るとともに必要な措置を講ずるための巡視を頻繁に行うこと。
     

     (3) 高温多湿な作業環境下で作業する作業員等の健康状態に留意すること。

     

     

    ということで、

    当社でもWBGT計を導入してみました。

     

     

    暑さの感じ方なんて言うのは個人差がありますし、

    暑さに順化している舗装屋さんの暑さ耐性というものは

    もはや規格外だったりしますので

    「暑さ指数」で数値化したから安全になるというものでは無いですが、、、

     

    朝のミーティングやKY活動で、

    「今日は暑くなるから熱中症に注意しよう〜。」と話し合う際に

    「その日の暑さを数値化し、可視化し、知識として身に着けていく」と言うことも、

    まぁ、多少の効果はあったりするのかな。。。と。

     

    基本的には、

    そういう杓子定規的なことは嫌いだったりするのですが(笑)。

     

    ちなみにWBGT指数や熱中症予防については

    こちらを参考にどうぞ。

     

    環境省 熱中症予防情報サイト

    厚生労働省 熱中症を防ごう!(PDF)

     

    このPDFは現場用にいいです。

    熱中症対策も早期発見!早期治療が最優先だと思います。

     

    放置しがちですが、、、

     

    夏場の現場では

     

    立ちくらみがする、

    腕がだるい、足がだるい、唇がプルプルするなどの熱疲労が発生した、

    汗がでにくい、お茶が切れたetc.

     

    そういう初期の状況で、休憩し対処する事が大切ですね。

     

     


    23:02 | - | - | - | - | - |

    ▲top